本を読むことをこんなにも保証された場所はここ以外に無いと思う。

東京都に2021/7月現在3つお店を構える「fuzkue」

「fuzkue」を知らない方は今すぐホームページを見て欲しい。https://fuzkue.com/

上記URLをクリックして一番最初に表示された文を読むだけでもう十分伝わると思う。しかし、このお店のメニューにある案内書・メニューを見て欲しい。

お店のメニューよりもほぼ9割がこのお店の案内書。そこには徹底的に読書する側の立場にたって書かれたfuzkueでの過ごし方が書いてある。

ホームページを見た人は私が冒頭に書いてある意味がよくわかったと思う。

こんなにも読書をする環境を考えて提供してくれる場がある。それってすごい。

本を読みたい、読書を満喫したい時に必ずその欲求を満たすのに適した場がある事ってとても素敵なことだと思う。

私はまだ行く事が出来ていない。けれど旅行が解禁になったら是非行きたい。

今まさに東京で読書を楽しみたい人には打って付け!

「fuzkue」には行ってみたい。でも読む本で悩んでいるならfuzkue店主の阿久津隆さん著の「本の読める場所を求めて」をぜひお勧めしたい。本好きならではのあるある満載で、fuzkueの誕生過程、お店へのこだわりについて書かれている。

当ブログでも一度紹介している本になります

https://enchanting-flower.com/2021/07/04/hello-world/

ぜひ皆さんもfuzkueで素敵な読書時間を過ごしてみてはいかがでしょうか

おすすめの記事